アフターピルについて

P1090698ヒトの性交は、妊娠の目的だけでなく、コミュニケーションとして行われることがあります。
妊娠を望まない場合は避妊をすることになります。
ただ、さまざまな理由により避妊ができなかったり、コンドームが外れてしまうなどの理由で避妊に失敗してしまうこともあります。
また、それ以外にも、大変残念なことですが強姦などの事件を含め、性交の強要により避妊ができなかったというケースも聞きます。
何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるために、緊急避妊薬(モーニングアフター・ピル)という薬があります。
このモーニングアフター・ピルには、2パターンあります。
1つは「緊急避妊薬」という薬で、レボノルゲストレルを有効成分とする(SOH-075)のことになります。
これは、フランスで開発され、「ノルレボ」という名で約60カ国で販売されていますが、2010年3月現在、日本では販売されておらず、あすか製薬の100 %子会社である株式会社そーせいが治験を終了し承認申請をしている状況です。
ただし、2006年4月から強姦事件の被害者は緊急避妊薬を公費で得られるようになっています。
もうひとつは、「モーニングアフターピル」と称し、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターンです。
これには、製剤に含まれるホルモン量の関係から、低用量よりも中用量の経口避妊薬が使われることがあります。
なお、アフターピルについては、着床成立前に避妊目的で服用する薬剤ですので、着床し妊娠が分かってから行う中絶とは全く目的が異なります。
そして、日本は、先進国として緊急避妊を承認していない唯一の国になっていますが、ピル 通販で購入する事も可能です。

↓美容に興味ある方はご一読
ハイドロキノン