アフターピルナビ

間違った妊娠を避けるために必要なアフターピルをご紹介します。

アフターピルナビのイメージ画像

アフターピルの使用方法

アフターピルとは、その名のとおり性行為後でも避妊ができる薬のことです。
コンドームをつけたりして避妊対策をしっかりしていたつもりでも、事故は突然おこるものです。
コンドームが破れたり脱落したりして、妊娠の危険を感じるケースがあります。
そうした時に服用するとよい薬がアフターピルになります。
性行為後から服用しても妊娠するのを防いでくれます。
排卵を抑制したり、受精を遅らせてくれます。
妊娠を回避できる確率は80%ほどの高確率になります。
アフターピルの使用方法ですが、性行為からなるべく早く服用する必要があります。
性行為から72時間以内に2錠を服用することが必要です。
アフターピルには2種類のタイプがあるのですが、現在では副作用などが少ない改良されたアフターピルがオススメです。
これはノルレボ錠といいます。
クリニックなどで診療を受けて入手することになります。
アフターピルは保険適用外になり、自由診療に含まれます。
そのため診療を受けるクリニックによって値段が違ってきます。
相場では3000円から15000円の間になるようです。
アフターピルを服用後3週間以内に出血がみられると、避妊に成功したことになります。
3週間以内に出血がみられない場合は妊娠の可能性もありますので、検査薬などで確認する必要があります。