アフターピルナビ

間違った妊娠を避けるために必要なアフターピルをご紹介します。

アフターピルナビのイメージ画像

アフターピルの効果

まずアフターピルとは、女性が万一避妊に失敗した時のための緊急用のピルです。
女性が避妊に失敗した際に、ホルモン避妊薬を服用する事で妊娠の可能性を回避することができます。
アフターピルの効果についてですが、正しく服用した際の避妊効果は約80%となっています。
この事からアフターピルを服用したとしても妊娠を100%回避できるとは限らないといえます。
アフターピルの作用のしくみとしては受精卵の着床防止、排卵遅延を起こすことで妊娠を回避すると考えられています。
次に服用についてですが性行為後72時間以内に2錠を服用し、12時間後に二回目の服用をします。
その際の注意点として、二度目の服用時間の誤差は1時間以内にとどめる必要があります。
アフターピルの服用が72時間以内とされているのは、受精から着床まで大体7日間とされており、それより前に消退出血(生理)を起こさせるための数値だと言われています。
服用の目安として72時間とされていますが、120時間以内であればある程度の効果がのぞめるといわれています。
また、24時間以内の服用であれば効果がさらに高まるともされています。
この事から出来るだけ早く受診し、アフターピルの服用をおこなうことが重要とされています。