アフターピルナビ

間違った妊娠を避けるために必要なアフターピルをご紹介します。

アフターピルナビのイメージ画像

アフターピルの服用によって避妊できる確率

アフターピル服用で避妊できた女性望まない妊娠をしてしまうと、女性にとって大変な負担になります。
中絶などをすることになってしまうとその負担は測りきれません。

しかしどんなに気をつけていても失敗してしまうことはあります。
コンドームなどによる避妊は100%ではないからです、危険日に性行為をしてしまい妊娠の可能性がある場合の最後の避妊処置として有効なのがアフターピルです。

アフターピルとは性行為後72時間以内に中用量ピルもしくは低用量ピルを通常の2倍服用することによって、受精卵の着床を防ぎます。
72時間という期間は受精から着床までの期間より前に生理を起こすための最終期間です。この時間を超えてしまうと避妊することは難しくなっていきます。
また、服用は早ければ早いほど避妊確率は上がります、性行為後すぐ服用すれば確率は100%に近くなります。

通常アフターピルを服用すると、早い人で数日後に生理のような出血があります。
遅くても2週間後くらいまでには出血があります。
その出血が起これば避妊に成功した事になります、その出血が無い場合には妊娠の可能性がありますので、早めに妊娠検査薬などで検査するようにしてください。

しかしアフターピルの避妊確率は絶対ではありません、前回の性行為で妊娠していた場合は避妊することはできません。
アフターピルによって胎児に悪影響があるという報告はほとんどありませんが、服用する前に念のため妊娠検査薬を使って確認するといいでしょう。

またアフターピルは女性ホルモンを大量に摂取するため、強い吐き気や嘔吐などの副作用が出ることがあります。
嘔吐によって薬を吐いてしまっては効果がなくなってしまいます。
副作用は服用から24時間以内には緩和するでしょう。

女性は避妊に対して受身なことが多いですが、自分の体を守る手段としてアフターピルを所持しておくと安心でしょう。