アフターピルナビ

間違った妊娠を避けるために必要なアフターピルをご紹介します。

アフターピルナビのイメージ画像

アフターピルの生理を遅れさせることができる

避妊に失敗して困っている女性アフターピルは、避妊に失敗してしまったときや、避妊をせずに性交を行ったものの妊娠を望まないときに服用する薬です。性交後すぐにアフターピルを服用すれば、妊娠を回避する確率が高くなります。アフターピルは72時間以内に服用すれば効果がありますから、妊娠を回避したい場合は早めに服用しましょう。アフターピルがどうして妊娠を回避できるかというと、ホルモンバランスに作用して、排卵を遅れさせたり、受精卵が着床しないように子宮内膜を薄くてはがれやすくするようにします。そのため、アフターピルは、避妊効果があるだけでなく、月経サイクルを調節することができます。月経サイクルが乱れていれば、妊娠がしにくくなることがありますから、妊娠を望むときには産婦人科でアフターピルが処方されることがあります。また、子宮内膜が厚くなる前にはがれるように促すことで、生理の血量を減らすようにしたり、生理痛を軽減させることができます。月経サイクルを調整するのと同じことで、生理を早めたり遅れさせたりすることができます。結婚式を行ったり旅行に行く間に生理になってしまえば、気を使う必要もありますし、体もだるくなって思いっきり楽しむことができません。そんな時は、アフターピルを使って、生理期間をイベントことから早めたり遅れさせたりするといいでしょう。アフターピルによって調整した生理が終われば、再び元も月経サイクルに戻るので、体に負担なく安心して調整できます。日本ではまだピルの使用は外国と比べて少ないですが、女性にとっては避妊効果があるだけでなく、女性特有のホルモンバランスにも作用する、有益な薬ですから、使い方をしっかり確認して活用するといいでしょう。