アフターピルナビ

間違った妊娠を避けるために必要なアフターピルをご紹介します。

アフターピルナビのイメージ画像

日本でも普及してきたアフターピル

日本では低用量ピルを利用している女性は多いものの、アフターピルに関しては、それほど普及はしていませんでした。
しかし最近は個人輸入代行通販を利用すれば、手に入れやすくなったため、徐々に普及してきているようです。
ピルはいつ飲み忘れるかわかりませんし、パートナーが避妊具をつけてくれなかったり、つけていても破れていたりすると効果がないので、いざというときのことを考えるなら、アフターピルを持っていた方が安全です。
アフターピルさえ備えていれば、24時間以内に飲むと、ほぼ100%に近い割合で妊娠を防げますし、72時間以内なら、間に合う可能性があるので、妊娠したくないなら手元に置いておくようにしてください。

日本でアフターピルが欲しいときは、病院へ行って処方してもらうのが一番ですが、わざわざ時間を使い、高い診察費や薬代を払いたくないと思う人は多いので、そんな方の多くは個人輸入代行通販を利用しています。
アフターピルと言えば、日本のあすか製薬株式会社で製造、販売されているノルレボがもっとも多く普及されていますが、個人輸入代行通販で探せば、もっと安い値段で買えるジェネリック医薬品も見つけることが出来ます。
ジェネリック医薬品は価格が安いにもかかわらず、含まれている成分は同じで、効果も同じになりますから、誰でも安心して飲むことが出来ます。
ただしアフターピルには副作用があるので、頭痛やめまい、吐き気、不正子宮出血などが起こることもあります。
ほとんどの場合はすぐに治まりますが、長く続くようであれば、お近くの病院を受診するようにしましょう。
避妊に失敗するようなことがあったとしても、アフターピルをすぐに服用すれば間に合うので、普段からバッグに入れるなどして、持ち歩くことをおすすめします。